前へ
次へ

つくる魅力がある一戸建て

一戸建てと賃貸、この不動産の問題はお子さんの有無によって変わるのではないでしょうか。
もちろん、一戸建ての取得となれば、資金繰りが必要です。
お子さんが生まれる前から積み立てることで頭金をつくり、銀行の融資を受けてからは住宅ローンの支払いも必要です。
家賃と比べて、住宅ローンのほうが負担になる可能性もなきにしもあらず、しかし引き替えに一戸建てを取得できます。
運用もできます。
また、お子さんがいれば、住環境として必要性のある図書館や公園、こうした内容を盛り込むことさえ可能です。
これは一戸建てならではの魅力でしょう。
絵本がたくさん収納できるプレイルーム、庭付きであればブランコや砂場などを設けることでお子さんも楽しむことができます。
なにより、犯罪面での不安も少ないはずです。
物が増えるのも仕方のないこと、マンションやアパートなどは規格外での収納は難しくなります。
家具などを増やすなら、圧迫感もあるでしょうが、そうした規格外でのリフォーム、リノベーションも可能ですから検討してみましょう。

フォトウェディングは、通常の結婚式や披露宴と違い、二人だけで行うケースも多く、費用や手間、時間を抑えることができます。
場所は国内でも海外でも、写真を撮るシチュエーションを含め、色々、選ぶことが出来ます。
その上で、二人で正装し、思い出に残る記念写真を、たくさん残すことが出来ます。
人を呼びたくない、お金をかけたくない、時間がない、手間をかけたくない、ひっそりと二人で行いたいなどの条件を満たしつつ、ウエディングを祝うことが出来ます。
もちろん、教会での挙式や人前式をつけたり、家族や友人が同席したり、華やかにお金をかけて海外で行なったり、リムジン乗車などのオプションをつけることも可能。
従来型の式に比べ、決まりごとが少なく、準備もシンプルに出来る点でも、ミニマリスト の方や、何かと忙しい新郎新婦向き。
体験談を一つ。
結婚10年目の記念に、夫と二人、ハワイで挙式しました。
結婚した当初、ウエディングドレスを着なかったことと、新婚旅行をしていなかったことが、少し心残りだったため、それを叶えることにしたかったのです。
アットホームな雰囲気で教会式を行い、ハワイの開放的な雰囲気の中でのフォトウェディングは、とても楽しいものでした。
美しい海を眺め、白い砂浜や椰子の木の木陰、公園の芝生、豪華なリムジンの中など、様々なシチュエーションで、ノリの良いプロのカメラマンに盛り上げてもらいながら、二人仲良く協力し合い、たくさんの笑顔で、ステキな写真をたくさん、撮ってもらいました。
こんな機会は、めったにありません。
スタッフの方々にあたたかく祝福してもらい、美しいハワイの自然とともに、生涯思い出に残るような、とても素晴らしいウエディングになりました。
迷っている方は、ぜひどうぞ。
経験者として、全力でオススメいたします。

Page Top